カンタン便利な塩分チェック「減塩生活」

カンタン便利な健康チェック

ご注文はこちら

ご注文はこちら

おかずや汁物の塩分量を見てみると、結構高く、1日の塩分量を8gに押さえるのは結構難しいということが分かります。
実際、日本人の1日の平均塩分摂取量は12gと言われています。
これでは日本人が高血圧だらけになってしまうのも仕方ないことかもしれません・・・

特に汁物は塩分が高く、塩分過多になってしまう原因のひとつです。

ならば、「汁物は飲まない」と決めれば余計な塩分は押さえられるかもしれません。
しかしそれではせっかくのおいしい食事を楽しむことが出来ません。
では、どうすればよいか・・・
それは事前に塩分濃度を把握しておき、みそ汁や、スープの塩分が濃いようであれば全部は飲まず、半分までと決めておくのがよいでしょう。

無理に塩分をとらないようにと意識すると、逆にストレスがたまってしまいます。

減塩生活を使って、無理に我慢しなくていい食生活を過ごしてください。

体温計のようなこの減塩生活の先端を測定したいみそ汁やスープに入れて、電源スイッチを押して約5秒。
LED表示が点灯して、塩分濃度がわかります。
0.3~0.7%のうす味、0.9%の標準、1.1~1.5%の濃い味と目安が出ているので、とてもわかりやすく、0~90℃までのものが測定できますのでどんな汁物料理にも対応しています。
サイズもコンパクトなので、バッグに入れておけば外出先でも使えるので、気軽に塩分チェックをしてみてください。

一定の味が作れます

塩分濃度に気を付けられるので、とても良いです。
これを使ってから、子供に「味付けが濃すぎる」「薄すぎる」等
言われなくなりました。
健康にも良いし、味も一定のものを作ることが出来るので、
満足しています。

自分感覚の確認のため

私自身は濃い味が苦手で、「薄味」が好み。
でも、ホントにこれって「薄味」??と疑問に思い、
自分感覚の確認のために購入しました。
使い方も難しくなく、手軽に測定できます。
お味噌汁で測定した結果は、0.7%と薄味圏内。
夕飯時に、0.7%になることが多いです。
反対に夫はカップめんなど、ブッチギリで1.1%以上!
それぞれの味覚の感覚を確かめるのに役立っています。

大変役にたっております

だんだん年老いてきて血圧も正常値を超えてきて、医師から塩分を
減らすよう指摘されまして、毎日の味噌汁をはじめ汁物の塩分濃度
を管理するため妻に頼まれ購入しました。
安価で測定方法も簡単で手ごろなこの商品を選びました。

一家に一台

すごくシンプルで簡単な機械。体温計並みに使いこなせます。
循環器の病気になると必ず塩分制限の指導があります。
とにかく薄味にしなきゃいけないので、家でも外出先でもスープ
やら味噌汁やら麺類にこれをつっこんで測定してます。
楽しいですよ。

製品が購入から1年以内に壊れても
「新品と交換」致します。

宅配便送料(1,000円)
当社が負担致します。
代引の場合は別途、代引き手数料が315円かかります。

減塩生活で健康に生きる為の
7つのポイント

  • 生活習慣の予防
  • 健康度チェック
  • 高血圧の予防は減塩から
  • 薄味でもおいしい6つのワザ
  • 早見表と記録
  • 日々の健康記録帳
  • 健康記録の使い方

ご注文はこちら